SPECIAL FEATURE

浮世絵

浮世絵とは浮世(当時の風俗)を描いた江戸時代の代表的なアートです。菱川師宣『見返り美人図』に代表されるような美人画のほかに、当時の旅行ブームを反映した名所絵、有名な役者を描いた役者絵などがありました。製作工程は、絵師が描いた下絵に、彫師が木版を掘り、それに色を付けて摺っていました。この特集では、江戸時代の貴重ながらも興味深い浮世絵を集めました。

Category : 絵画

Date : 2020.03.16

参考文献

定番の美人画

1765年ごろから人気を博した写実的な美人画。代表的なアーティストは喜多川歌麿で、優雅なタッチの美人画を多く手がけました。

可愛らしい動物の浮世絵

江戸時代には猫や金魚などがペットとして愛されていました。その中でもとりわけ歌川国芳は私たち現代人も共感できる、愛らしい猫の姿を多く描きました。

もののけたちの浮世絵

江戸時代の代表的な娯楽・歌舞伎では怪談が題材にあるため、浮世絵でも幽霊や妖怪がよく描かれました。美人画に負けずこれらの作品点数も多く、いかに人気があったかがわかります。

お問い合わせ・ご相談 無料

こんな写真を探している
こんな企画があって写真を多数使用したいなど、
ご相談は無料で承っております。

TEL 03-3264-3761 mail お問い合わせフォーム
×
×
×CLOSE