SPECIAL FEATURE

技術革新と産業革命の波及

ヨハネス・グーテンベルクの活版印刷技術の普及によって、当時ドイツでは100以上あったとされる方言から標準語が誕生し、書籍から生まれた出版事業から教科書が発明されたことで、教育事業とともに学校制度が出現した。
18世紀半ばから19世紀にかけて起こった産業革命では、繊維工場が誕生し、工場が立地された都市への人口が集中。社会問題の発生とともに、世界で初めて「通勤」が誕生したとされる。
ジョージ・スチーブンソンの蒸気機関車から世界初の公共鉄道が誕生し、ピーター・F・ドラッカーによれば、公共鉄道の誕生が、郵便、銀行、新聞を誕生させたという。

Category : 歴史

Date : 2020.12.01

産業革命と先駆者

英国で豊富に産出された石炭が、安価なエネルギーとして供給され、鉄の大量生産が可能となった。蒸気機関が発明・発達し、繊維工場が機械化。蒸気機関車の発明と鉄橋建設の普及から交通革命が起きた。新産業・新市場を切りひらいた人びと。

技術革新の波及

技術革新から予想外の新しい産業や市場が出現した産業革命を研究する経済学者は多い。新たに市場を創り出すことは、不確実性に満ちたリスクを伴う経済活動にもかかわらず、新製品が既存品の代替を促し、新しい機能の提供が、新しい需要を誘発。他産業にも伝播しながら、それ自身が成長商品になった。

お問い合わせ・ご相談 無料

こんな写真を探している
こんな企画があって写真を多数使用したいなど、
ご相談は無料で承っております。

TEL 03-3264-3761 mail お問い合わせフォーム
×
×CLOSE