SPECIAL FEATURE

ロンドン自然史博物館
Natural History Museum

ロンドン自然史博物館は元々大英博物館の一部門として始まり、自然史系の博物館としては世界でもトップクラスの規模を誇っている。今回は、イギリスのマリー・エヴァンス ピクチャーライブラリー(Mary Evans Picture Library)が保有する博物館所蔵品の画像を紹介。
1993年に公開された人気映画「ジュラシック・パーク」の原作は、2,500万年以上前の琥珀の中に保存されていた蚊が、恐竜の血を吸っていたとしたら、そのDNAから恐竜を蘇らせることができるというフィクション。ところが、現在ではノンフィクションになろうとしている。ジョージ・チャーチ教授率いる研究者チームが、絶滅したマンモスの標本郡から有効なDNAサンプルを取り出して、実際にマンモスを復活させるプロジェクトが始動。是非を含め世界の注目が集まっている。

Category : 文化

Date : 2021.09.22

参考文献

鉱物

ロンドン自然史博物館は動物学、昆虫学、古生物学、植物学、鉱物学の5分野に大別され、8,000万点以上の貴重な標本コレクションがある。
「鉱物」とは、火山活動や体積作用、地球の熱水活動によって形成された天然の個体物質を指し、希少性が高く美しい鉱物は「宝石」と呼ばれ、ダイヤモンドなども含まれている。

化石

鉱物や化石の標本は、地球や生物の生い立ちを饒舌に語り、これまでにない知見を発見されることもしばしば。ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士の研究で脚光を浴びた緑色蛍光たんぱく質(GFP)は、青白く光るオワンクラゲの体内にある細胞の発見がトリガーといわれ、現在では抗がん剤の開発をはじめ、ライフサイエンスになくてはならないツールの発明につながっている。

標本

科学研究を行う上で、基礎をなす最も重要なものの一つが標本。標本は単なる愛好家のコレクションではなく、自然の記録を永遠に保存しておく人類の知恵。

お問い合わせ・ご相談 無料

こんな写真を探している
こんな企画があって写真を多数使用したいなど、
ご相談は無料で承っております。

TEL 03-3264-3761 mail お問い合わせフォーム
×
×CLOSE